Warning: array_reverse() [function.array-reverse]: The argument should be an array in /home/ayano-web/www/function/blog/yj/include/mobile.php on line 223
yjの思惑 yjの思惑
おっととっと夏公演!
こんばんは、お久しぶりのyjです。

AYANOが現在の活動の仕方になって...と言ったところで多くの人には何が変わったのか自体
把握されていないことの方が多いし、ここを読む方自身、すでにAYANOを応援してくれている方か、
AYANOに興味を持ってくれている方なので、
なかなかAYANO自体を知ってもらうきっかけにはなりにくいのですが、
きっとここを読んでくれるみんなが知らない人にも説明してくれると信じて、
何回かに分けて、ここに記したいと思います。

まずなぜ自主興行の道をいったのか。

1個前の記事(春公演前のやつです)にも書いた通り、
我々はエンターテインメントという枠を出て、音楽をやりたくなったんです。
ずっとライブハウスシーンで活動して来た訳ですが、
近年ライブハウスではエンターテインメント色が強くなって来て、
見た目の良さだったり、MCの面白さ等の重要度が高くなっていて、
どうも自分がやりたいことかっていうと、そうでも無くなって来たわけです。
当然、自分もエンターテインメントが好きですし、
普段はSCANDALばっか聞いている人ですし、
これまでの弾き語りにおいては持ち時間の半分はおもしろMCなので(あえて自分で言います)、
あくまで今後自分が、AYANOがやるかどうか、という所においてです。


ライブハウスの舞台で行われているのも音楽であるのは間違い有りません。
ただ広い音楽の世界のごく一部だとおれは思っています。
例えば「私は音楽好きです!」とライブハウスに通っている方でも、
タワレコで見る棚はその敷地面積のごく一部かもしれません。
それが悪いとかではなく、単純に音楽と一言で言っても
色んなジャンル、楽器や表現方法があって、
ライブハウスで演奏されている音楽はそのごくごく一部分なわけです。
自分はJ-POPの棚とは反対側から音楽に入って行った身なので
もうちょっと違う表現の仕方をしたくなったのです。
見た目のインパクト、MC、歌、歌詞の力よりも、
アンサンブル、ハーモニー、音の強弱、音色、流れで
1つの世界を表現したいということです。
しかもそれをバンドという母体を変えずに、です。

それはきっとライブハウスで求められていることではないですし、
エンターテインメントを主軸としているところで、お門違いな音楽をやるのも
それはそれでお店や、それを期待して来たお客さんにも失礼ってもんです。
現に今の方向性になってから何本かライブハウスでやっても、
見てくれた方は口を揃えて「(雰囲気が)ライブハウスって感じじゃないね(笑)」って言うのですから。
なので、我々は自主興行という道を選んだ訳です。

次回は何を描いているのか、についてお話しします。
ありがとうございました。


■2013.07.20(土)
AYANO four season tour
"Art Your Life"
〜summer〜
会場:武蔵境 武蔵野スイングホール
開場:17:00 開演:18:00
前売:2800円 当日:3200円
出演:AYANO / Guitar コスダナオミ / Violin アヤ / Violin 高島圭介 / VJ ソウダウソ 

チケットは「オフィシャルWEB」と「e+(イープラス)」の2カ所よりご購入いただけます。

■オフィシャルWEBの場合
>> オフィシャルWEB受付
□お申し込み:WEB
□お支払い:銀行・郵便振込
□お受け取り:配送

■e+(イープラス)の場合
>> e+(イープラス)受付
□お申し込み:WEB / ファミリーマート
□お支払い:クレジットカード / コンビニエンスストア / 銀行振込
□お受け取り:ファミリーマート / セブンイレブン / 配送
yj
2013/06/23(Sun) 23:26:58

名前:
題名:
コメント:

[TOP]