Warning: array_reverse() [function.array-reverse]: The argument should be an array in /home/ayano-web/www/function/blog/yj/include/main.php on line 1098
yjの思惑
yjの思惑 ホーム | モバイル
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

アカサカサカスデアカカササカス

こんばんは、yjです。
夏は冷房よりドライです。
そこに加湿器という謎の組み合わせ。

今日はiPhoneについて。
Appleの申し子と呼ばれたおれが(え?)iPhoneにしない最大の理由が
この記者さんの2ページ目とかぶる。
まずは読んでみて欲しい。
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/0912/24/news101.html

おれが変えられない最大の理由、
それは盲牌ならぬ、盲メールができないことなのだ。
例えば電車の乗り降りの時や、徒歩移動の時。
こんなシーンにメールをする機会は結構多い。

移動時間というのは大概の人は同時に別のことをやるマルチタスクの時間だ。
音楽を聴いたり、読書をしたり、足りない睡眠を補ったり、
物思いにふけったり、女の子を見たり、ゲームをしたり、
エネルギー補給をしたり、女の子を見たり、運動を兼ねたり、
おれが多いのはメールだ。
そんな時に必要なのは移動を殺さずにメールを打てる携帯だ。
これはたぶんiPhoneで実現するにはテレビに出れるくらいの
フリック入力の達人になっている必要がある気がする。

(余談だけどおれの周りの人でiPhoneにした人はみな、
通常メールの文章量が極端に落ちた。
いつもなら返信時に余計なギャグとかを入れて返信してきたやつも
今じゃ必要最低限のみの文章になってしまって少し淋しい。)

その次には、PCメールも今の携帯でできてしまう点。
先のURLの記者さんはリモートメールというサービスを使っていないようだが、
おれは昔からこのリモートメールを愛用していて
スマートフォン云々の前から携帯からPCメールの送受信ができた。

以上からiPhoneに移行にどうにも振り切れず、
位置的に今と同じことがやろうと思えば実現できる嗜好品になってしまう感がある。

最後に記事にもあった通り、
iPhoneをやめる人に対して「それは機能を使いこなせて無いだけ」
という人もいるようだが、機能と言うのは選択肢であって、
使わないという選択肢もある。
生活に必要なかったという点はどうするのか。
当然使ってみて生活がよりよい方に転がることもあるし、
そういった可能性にチャレンジせずして「いらない」というのは
個人的にはむしろ嫌いだ。
だが記者さんは記者さんなりにチャレンジした結果なのだから
まったく持って「使いこなせて無い」という発言は狂信的な意見に聞こえてしまうし、
使いこなせたところで人それぞれ生活スタイルは違うから
生活のための利便性が図れなくては意味が無い。

できるからやるのではない。
やれたらなおいいからやるのだ。

[10876] yj (2010/07/19(Mon) 03:06:49)


投稿パス:


名前:   題名:


パスワード:  

Next >> [「なるほどですね」ってなに?]
Back >> [西瓜の水分]


-- RECENT ENTRIES --
Art Your Life (3438)
明日捨てイズム (1748)
パンと蜜 (1918)
消えたクッキー (1808)
眠気との闘争 (1844)
ブラック加糖 (1834)
ハングリー? (1747)
イデオロギー (1755)
アンソロジー (1869)
地球は回る (2157)
still want music (1655)
-- CATEGORIES --
一般
マニアック
-- ARCHIVES(468) --
2013 年 12 月 (1)
2013 年 07 月 (1)
2013 年 06 月 (1)
2013 年 04 月 (1)
2012 年 08 月 (1)
2012 年 03 月 (1)
2011 年 12 月 (1)
2011 年 11 月 (1)
2011 年 10 月 (2)
2011 年 08 月 (2)
2011 年 07 月 (3)
2011 年 06 月 (2)
2011 年 05 月 (2)
2011 年 04 月 (2)
2011 年 03 月 (4)
2011 年 02 月 (2)
2011 年 01 月 (4)
2010 年 12 月 (2)
2010 年 11 月 (4)
2010 年 10 月 (5)
2010 年 09 月 (4)
2010 年 08 月 (4)
2010 年 07 月 (5)
2010 年 06 月 (5)
2010 年 05 月 (4)
2010 年 04 月 (7)
2010 年 03 月 (7)
2010 年 02 月 (8)
2010 年 01 月 (8)
2009 年 12 月 (13)
2009 年 11 月 (33)
2009 年 10 月 (11)
2009 年 09 月 (13)
2009 年 08 月 (15)
2009 年 07 月 (15)
2009 年 06 月 (15)
2009 年 05 月 (8)
2009 年 04 月 (3)
2009 年 03 月 (5)
2009 年 02 月 (7)
2009 年 01 月 (7)
2008 年 12 月 (7)
2008 年 11 月 (5)
2008 年 10 月 (8)
2008 年 09 月 (5)
2008 年 08 月 (8)
2008 年 07 月 (8)
2008 年 06 月 (6)
2008 年 05 月 (7)
2008 年 04 月 (6)
2008 年 03 月 (5)
2008 年 02 月 (7)
2008 年 01 月 (7)
2007 年 12 月 (9)
2007 年 11 月 (6)
2007 年 10 月 (8)
2007 年 09 月 (10)
2007 年 08 月 (4)
2007 年 07 月 (5)
2007 年 06 月 (5)
2007 年 05 月 (4)
2007 年 04 月 (3)
2007 年 03 月 (6)
2007 年 02 月 (5)
2007 年 01 月 (0)
2006 年 12 月 (7)
2006 年 11 月 (6)
2006 年 10 月 (7)
2006 年 09 月 (8)
2006 年 08 月 (9)
2006 年 07 月 (10)
2006 年 06 月 (8)
2006 年 05 月 (1)
2006 年 04 月 (10)
2006 年 03 月 (9)
2006 年 02 月 (7)
2006 年 01 月 (3)
過去ログ
-- LINK --
-- LOGIN --


Copyright © AYANO All Rights Reserved.